セントラルリーシングシステム株式会社OUR COMPANY

代表者挨拶

当社は、昭和63年にリースや融資などを行うことを目的としたファイナンス会社として、設立されました。

以来、多様化した時代のニーズに柔軟に対応するため、不動産事業・ファシリティマネジメント事業・エネルギー事業・建設事業・フィナンシャル事業など多彩な事業を展開して、今日まで事業の拡大を図って参りました。

さらには、数多くの国内優良企業の皆さまからご出資を頂くなど、財務内容の充実を図り、現在に至っております。

当社は、都市の再開発を始めとし、道内主要都市および道外において複合商業施設、オフィスビル、マンション等の賃貸事業展開などを行っており、また、新千歳空港においては、新エネルギー「雪」の利用を目的とした世界最大規模の貯雪量を誇る雪冷熱供給システムによる冷房エネルギーや、冷暖房の熱エネルギー供給を行っております。

さらには、空港の多岐にわたる機械設備の保守管理や旅客施設の警備を行うなど幅広い事業を展開しております。

その他、リースや保険などのフィナンシャル事業や建設事業についても、積極的な事業展開を進めております。

当社は今後も、豊かな経験とノウハウを生かし「総合デベロッパー」として「地域社会の発展」に貢献するとともに北海道の豊かな未来を創造する総合企業を目指してまいります。

今後とも役員、社員一同事業に邁進していく所存です。引き続き皆様のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

セントラルリーシングシステム株式会社
代表取締役社長 安達 隆好